アクセスカウンタ

迷い人の自由帳

プロフィール

ブログ名
迷い人の自由帳
ブログ紹介
美術専門学校での生活を中心に、アートとか趣味とか
酒とかごちゃ混ぜのブログです。


【おしらせ】
3月31日〜4月10日
キャロライン・ライト展(東京都人形町ヴィジョンズ)に
共同プロジェクトとして参加します。
小品ですが、私の作品も一点展示されます。

6月7日〜6月13日
文房堂中3Fギャラリーにて3人展を行ないます。
(東京都神田神保町JR御茶ノ水駅より徒歩約7分)
タイトル未定

zoom RSS

帰国してからぐうたらせずにいられるのか

2010/03/14 05:20
初海外旅行から無事帰国しました、迷い人です。

 
初めての海外旅行は思った程のカルチャーショックは受けなかったものの、

非常に得られるものの多い旅でした。

旅行の様子などは、別の項で紹介しようと思います。



さて、帰国してからの私ですが

学生生活も折り返しということで、少しペースアップを図りたいところ。

先日は、東京・神田の文房堂さんにギャラリーの下見に行ってきました。


会場は予想より雰囲気のよい場所で、すっかり気に入ってしまいました。

この日は別の作家さんが展示をされていたのですが、

その方ともいろいろとお話もでき、6月の展示に向け

気持ちも高揚してきました。


下見の後は展示メンバーと打ち合わせをし、

当日の配置やおおよその作品数を決定しました。

会場の都合上大型の作品は展示出来ませんが、

A2以下の水彩画やF20以下の油彩画を展示する予定です。

メンバー3人で、具象、抽象、風景、人物入り乱れた展示になるので

いろいろな趣味嗜好に対処できるんじゃないかな〜と。



つづいて直近の話題です。

3月31日〜4月10日に東京都中央区にある人形町ヴィジョンズというギャラリーで、

キャロライン・ライトというイギリス人画家が個展を行ないます。

そこに、私を含む阿佐ヶ谷美術専門学校の在校生有志の作品を

展示させてもらうことになっています。

キャロライン氏のドローイング作品を鑑賞するついでに

私たちの作品も見ていただけたら幸いです。

詳しくは↓


人形町ヴィジョンズ

Caroline Wright Exhibition Recollection
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


22222!(平成22年2月22日)

2010/02/22 08:15
ぼけっとしている間にもう2010年も二ヶ月が過ぎて、

困惑気味の迷い人です。




さて近況のご報告です。


学校の授業は終了し、とりあえず春休みに入りました。(まだ調整週ですが)

今月一杯はアトリエを使えるので、学校には行くつもりでいます。

四月からは3年生になりますが、解決されない問題を持ち越してしまいました。

もっと前向きに制作に取り組めたら、状況も変わってくると思うのですが…



今月の27日から海外に行ってきます。

学校で企画された研修旅行なのですが、7泊9日の旅程で

イギリス(ロンドン、ノーリッチ)とフランス(パリ)に行ってきます。

主に美術館の見学と現地の美術学校との交流を目的としていますが、

自分にとって初めての海外旅行なので、現地の空気、雰囲気もひっくるめて

楽しんできたいと思います。



神田神保町にある文房堂さんが、学生を対象として

ギャラリーの無料貸し出しを行なっています。

まだ正式決定ではありませんが、文房堂さんのギャラリーをお借りして

3人程度のグループ展を行なう予定です。

展示スペースの都合上小品ばかりの展示となりますが、

日程等正式に決まり次第報告いたしますので、当日は是非お越し頂ければと思います。

とりあえず、6月中旬頃で調整してもらってます。




と、今回は美術学生らしい日記を更新できました!

毎回こうだといいのですがね

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


あけまして2010年

2010/01/10 06:09
新年を迎えて一週間+
遅ればせながら、あけましておめでとうございます。迷い人です。



前回の更新以降、体力的にも精神的にも落ち込んでいましたが
気持ちを新たに2010年を精力的に活動することを宣言いたします!


去年一番気を揉まされた学園祭は無事乗りきり(雨には降られたけど)
結果的には一応の成功を納め、交友関係も増えたので良しとする。

が、しかし!

肝心要の制作がちょっと。

圧倒的に作品数も、それに向き合う時間も少ないのは学生という貴重な時間を無駄遣いしている。
考えるより感じるままに。
感じた事を素直に吐き出す。
未熟なのは初めから分かっているんだから、格好付けない。

これ、今年のテーマ。


12月23日に渋谷Bunkamuraにロートレックを見にいって、エネルギー補給。
次の補給はルノワールかな?

後、2月末から一週間、英仏にちょっくら行ってきます。



記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


学祭の準備とか

2009/10/04 04:24
お久しぶりです、迷い人です。


えーと、6月ぶり…ってあれ?

夏休み明けに一回更新したはずなんだけど。


今は課題と学祭の準備に追われてます。

去年はクラスの代表として学祭に参加し(去年から一年生は強制参加)

今年は回避しようと思ったのに、全体の実行委員に誘われて断れず…

いや、きっと期待されているんだろうと妄想。

イベント班をしきってます。

って、20代も後半なのにやってることは10代の頃と変わらないのね…


学祭までにF100号仕上げないとだし、計画性の無さが露呈されそうです。
記事へガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


授業について、とか

2009/06/08 02:30
気持ちばかり焦って体はついてこない、迷い人です。


六月に入り、前期の授業も折り返し地点を過ぎました。

課題は遅々として進まず、この間合評のあった人物画は

完成率20〜30%での提出となり、制作時間の配分や計画性の無さが浮き彫りになりましたが

これが俺のペースなんだ!と割り切る事にします。


他の授業ですと、テンペラと銅版画は割と良いペースで進んでますが、

コラージュに苦戦しているところです。

構成するって難しいですね。


写真とかは気分がのった時に掲載します。




記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


マーク・ロスコ 瞑想する絵画

2009/05/19 22:11
学校の授業の一環で、千葉県佐倉市にある川村記念美術館に行ってきました。

目当ての展示は、テート・モダンからも出品されているマーク・ロスコで、

川村記念美術館のもつコレクションとあわせた『シーグラム壁画』群でした。

ロスコに関しては名前は知っているものの作品にはあまり興味は無い、という状態でしたが

これが一変しました。

生の作品の持つ迫力と言うか、画面からにじみ出てくるような圧倒的な存在感に

すっかりやられてしまいました。


ロスコ以外にも川村記念美術館には優れたコレクションがあり、

また美術館のある敷地には緑豊かな庭園が広がっていてとても雰囲気の良いところでした。

今度はゆっくり園内の散策でもしてみたいですね。




MARK ROTHKO
淡交社
川村記念美術館

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


『ゾーヴァ展』『ルーブル展』『阿修羅展』に行きました!

2009/05/01 22:54
昨日の疲れで午前中はぐったりしていた、迷い人です。

先日は学校が休みだったので、美術展めぐりに行ってきました。


まず向かったのが東京・銀座松屋で開催中の『ミヒャエル・ゾーヴァ展』

雑誌『詩とメルヘン』(現在は廃刊)の誌上で紹介されていたのを見て以来のファンで、

この日は本人が来場してのサイン会があると聞き、朝からデパートの前で並んでしまいました。

会場内には日本未発表の作品が展示される等、初見の作品も多くあり見応えのある展示会でした。

場内の内装も凝っていて、デパートのフロアであることを思わず忘れてしまいそうでした。

また朝早くから並んでいたこともあり、無事図録にサインもいただけたので大満足で寝不足も吹き飛びました。


本来はこれで帰る予定だったのですが、銀座線で上野まで一本で行ける事に気付き寄り道する事にしました。



次に向かったのが、東京・上野にある国立西洋美術館で開催中の

『ルーブル美術館展ー17世紀ヨーロッパ絵画』

入場はスムーズだったのですが、会場内は結構賑わっていました。

日本ではわりとルネッサンス期と印象派の前後ばかりがもてはやされ、新古典主義やロマン派、バロック

はあまり一般の人には注目されていないだろうと思っていたのですが、そうでもないようでした。

今回の展示は17世紀ヨーロッパ絵画ということで、メインは宮廷画、宗教画だったのですがその中で

個人的に観たかったのがカルロ・ドルチの『受胎告知』でした。

実物を観るとやはり、宗教画特有の神々しさ、神秘性などは勿論感じましたが、それ以上に

目を奪われる感覚、惹かれる感覚がありました。

これ以外にも素晴らしい作品はたくさんありましたが、暗い館内と、宮廷画にありがちな退屈さのせいで

眠気はピークに達しようとしていたのでした。



眠気を振払いながら最後に向かったのが、国立博物館平成館で開催中の

『国宝 阿修羅展』

これは入場制限が敷かれ、大変混雑していました。

しかしそれもうなづけるのは展示方法。

主役の仏像はほとんどが剥き出しの展示。

触ろうと思えば(ダメですが)触れそうな程の距離感。

そして何よりその造形力に大興奮で眠気は完全に消滅しました。

ただ一点残念だったのは阿修羅像の鑑賞方法。

入れ替え制にするとか、最前列はロープなどで仕切り流れを作るとか、

もう少し頭を使えばあちらこちらから聞こえる不満や愚痴を聞かずに済んだのに…




まぁ総合的に今日は満足できた一日でした。(ゾーヴァと握手も出来たし)

次の美術館は学校で行くマーク・ロスコ(川村記念美術館・千葉)になると思いますので

楽しみです。

あと、常々思うのですが美術館の入館料高くありません?

特に公立の美術館は、せめて学生だけでももっと安くならないかなぁ。

図録も買うとなると、3500円は超えちゃうんですよねぇ…








ランキングに参加しています。(ブログ村専門生バージョン)

人気ブログランキングへ にほんブログ村 専門生日記ブログへ 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 FC2ブログランキングへ
芸術☆アート.COM[絵画・文芸・小説・雑貨・写真・音楽系の検索・ランキングサイト] ZATUART21アートサーチ








ウルトラマン伝説展?ウルトラマン誕生40年の軌跡
小学館
川崎市岡本太郎美術館

ユーザレビュー:
コレクターズアイテム ...
見たかった写真、読み ...
マニア、研究者にも貴 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

お願い

画像の無断転載・使用はご遠慮下さい。

カウンター



ブックマーク

Yahoo!ブックマークに登録 FC2ブックマーク
迷い人の自由帳/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる